来年1月から結婚前提で彼氏と同棲することが決まり、住まいは洋室が良いとお互いの意見が一致し、物件を探しました。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

彼氏と同棲する住まいは洋室が良いことについて

来年1月から、彼氏との同棲生活が本格的に始まります。彼氏とは約5年の交際を得て結婚を前提に同棲することになりましたが、約5年間の間に喧嘩したり、一緒に笑い喜んだりする色々な出来事がありました。5年間の間に彼氏の全てを理解することができた上で、私自身彼氏と一緒に同棲し近い将来結婚したいと思うことができました。同棲するために本格的に住まいを探し始めたのは、夏の終わり頃でしたが、なかなか良い物件を見つけることができない状態でした。

彼氏と私は物事の考え方や捕らえ方が良く似ていることがあるため、同棲する住まいの条件についてお互い特に拘りを持っていなかったため、スムーズに物件探しができると思っていましたが、思うようには見つかりませんでした。私自身寝るときに、床に敷布団を敷いて寝るより、ベッドの上で寝たいと考えていたので、同棲する住まいは洋室が良いと突然思いました。彼氏もベッドで寝ることに賛成してくれたので、洋室のある物件が良いということで、賃貸業者に自分達の希望を伝え、再び物件探しが始まりました。最近の賃貸物件は、和室より洋室の部屋が多く、自分達の希望ができたことですぐに良い物件を探すことができると思いました。約1ヵ月後、賃貸業者からおすすめされた物件が気に入ったため、契約することにしました。

おすすめ情報

  • 家庭学習についてはこちらのサイトがおすすめです。