子どもが片付けをしやすい住まいつくりをすれば、親の小言も減り、子どもも自信がつき、一石二鳥です。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

子どもでも片付けのしやすい住まいつくり

子どもが散らかしたものを片付けない、という住まいの悩みはありがちなことですね。最近では片付けをしない子どもの方がのびのびとした心の成長には良いという統計もあるようですが、それでもやはり親から見ると散らかった家というのは困ってしまうものです。なので散らかした度に子どもに対して片付けるように促してしまうのですが、何度も言うのは親としても子どもとしても疲れてしまうものですね。ここで考え方を変えてみましょう。まず、子どもが片付けをしないのは片付けが面倒な環境になってしまっているからです。たとえば住まいの間取りを考えたときに収納棚が高い位置にあるとか、収納スペースが素っ気ないというようなことはないでしょうか。

子どもの背丈に収納棚の位置を合わせてあげることで片付けやすくなります。素っ気ない収納スペースに子どもが喜ぶ楽しい工夫、たとえば?のおもちゃ基地などと書いたシールを貼ってあげることで子どもが自ら自然と片付けがしたくなるかもしれません。子どもはちょっとした楽しみがあれば片付けも遊びの心でやってくれるものです。また、そうやって自分で片付けられるようになると自信もついてきます。住まいの収納に工夫をして、できるという子どもの自信を育てましょう。