住まいの庭に駐車スペースを設置したいという場合に必要な、最小限の広さの出し方等の基本項目をまとめてみました。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

住まいに駐車場を設置する基本

住まいの庭に駐車場があると便利ですよね。いつでもすぐに乗り出せるし、まわりに気兼ねなく洗車ができるし、何より目の届く所にマイカーがある安心感が魅力です。月極め駐車場では維持費もかかるしそこまで歩くのが手間なので、庭に置けるものなら置けるようにしたいという方も多いことでしょう。そこで今回は、庭に駐車場を設置する際の必要な広さに関する基本的な内容についてまとめてみました。

まず、駐車スペースに必要な広さとはどのくらいなのでしょう?僕が建築学科の学生だった頃は、住宅の庭に駐車スペースを配置する場合は、普通自動車1台につき5メートル×2.5メートル以上を確保するようにいわれておりましたが、多分これは本当にぎりぎりな寸法だと思います。車庫入れが得意でない人がこの寸法の駐車スペースにしてしまうとかなり手間取ることが予想されますので、実際は普通自動車1台につき6メートル×3メートルはみるべきでしょう。

駐車スペースの前面道路の幅や交通状態にも考慮が必要です。幅が狭いければそれだけ車庫入れが難しくなり、しかもその間に他の車が来れば道路をふさいでしまうことになりますので、よりスムーズに出入りできるような配置を考える必要があるのです。また、できれば屋根とミラーも併せて設置した方がより使いやすい駐車スペースとなるのでお勧めです。