住まいは貰ってもいいし、自分で立ててもいいです。負担にならないのならどっちでもいいですね。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

住まいは色んな形態がある

住まいは、色々な形態で建てる事が出来ます。自分達で土地を購入し、そこに家を建てる事や、土地をもらってそこに上の家だけを建てる事や、後は、土地ももらい家も建ててもらうパターンですね。これが一番御金のかからない状況です。建ててもらうので、家にかける費用はかかってこないですね。親から貰うものもあるし、おじいちゃんお婆ちゃんからもらう事があります。そういうのは予想してなかったところから来ますね。だからいいのかもしれないです。あんまりここから貰えると思っていて、あてが外れてしまってショックが大きいというのもあります。

住まいは出来たらお金はかけないほうがいいのかなとは思います。自分たちで購入するほうが、責任感もあっていいのかもしれないです。でも、この住居費を払うので他の事を我慢しないといけない、毎月のローンも大変となってくるとこれは負担以外の何者でもないですね。なので、負担になるような金額のものは買ってはいけないですね。自分たちの生活を苦しくする様な支払いはしてはいけないのではないかと思います。ゆとりのある状態を持ってないと、住む所を負担に思ってしまいます。誰かの助けを借りれるなら、それを借りてもいいだろうなって思います。