老後が迫ってきたので、今後、自分の人生を楽しむことができるような住まいをどうするのか計画しています。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

老後の住まいについて最近、考えるようになりました

私は今、40代後半の独身女性です。結婚はしましたが失敗しました。これから結婚をしない人生を送るとしたら、わたしは老後の住まいについて考えなければなりません。まず、第一に考えることは、賃貸か購入かでしょう。私は、住まいさえ確保しておけばあとはなんとかなるだろう、という考えがあるので、マンションの一室を購入する計画です。老人の一人暮らしなので、広さはなくても構わないでしょう。台所とベランダ、そして六畳の部屋二つぐらいあれば十分です。庭についても思いを巡らせましたが、年をとって、体は思うように動かなくなれば、雑草の手入れなど負担になるので不要でしょう。

暖かなコタツと、ベット。独り暮らしは寂しいので、ちいさなチワワを買いたいので、ペット飼育が可能の物件を探さなければなりません。そして、できるだけ地方都市であることが望ましいと思います。間違っても田舎には住みません。田舎暮らしができるのは、若くて健康な体か、昔からずっと住んでいる人かのどちらかです。買い物、そして病院という施設が住まいの周囲に隣接していることが理想です。これから、私たちの世代がどんどん高齢者になっていく社会が到来します。老後をどう楽しく生きていける環境にするか。今の私の一番の人生の課題です。