街中を見ていると不動産会社が多いのに良く潰れないなと感じる人もいるのではないでしょうか。その理由についてです。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

不動産会社が多く存在していて潰れない理由とは

街中を歩いていると、不動産会社が軒並み並んでいることもありますよね。私も街中を歩いていてそのようなことを感じることがあるのです。それではこのようなことを感じる人はいませんか。それはこれだけ不動産会社が多く存在しているのであれば潰れてもおかしくないのではないかということです。もちろん業績に関しては差があるとしても、なかなか潰れることはありませんよね。それは一体どうしてなのでしょうか。以前経済雑誌を読んだ際に書かれていたことを参考にして話をしたいと思います。まず注目して欲しいことは、不動産は単価の高いものだということです。一ヶ月に数件売れたり、貸し出すだけでもそれなりの収益となるのです。

そしてあとは不動産会社によって目玉の商品をきちんと確保しているということです。一等地の物件が全ての一つの不動産会社に集まっているということはありませんよね。ですから結局は求めている人がいる限り、収入としては幾分かはきちんと確保できる仕組みにはなっているらしいのです。とは言っても不動産会社の場合不況の際に倒産のリスクとしては高くなるそうです。ですから経済が危うくなった場合には、不動産業界としても寒い風が吹くのかもしれませんね。