法律の中に不法侵入という罪がありますが、それと不動産の所有権が関係しているらしいのです。それに関連した話です。

不動産業者の一日とは

不動産業者の一日とは

不法侵入と不動産との関係

私の知人の中に弁護士さんがいるのですが、いつも法律に関するなるほどと感じる話をしてくれます。先日もそのような話を聞いていたのですが、面白い話をしてくれました。今回はそこで話をしていたことを参考にして話をしていきたいと思います。みなさんは法律の中に不法侵入という言葉が存在していることは知っていますか。最近では領空や領海への不法侵入ということが国際的な問題になっていることもたびたびですよね。今回は身近な不法侵入についての話なんですけどね。不法侵入と不動産の所有権が関係しているらしいのです。それは一体どのようなことなのかと疑問を持った人もいるかもしれません。みなさんの所有している不動産の中に侵入しても不法侵入にはなりませんよね。

つまり所有している不動産に侵入しても法律は犯していないのです。例えば法律的な手続きをしておらず他人に貸している部屋があるとします。極端な話その部屋に侵入したとしても、法律的に手続きをしてないために不法侵入にはならないそうなのです。もちろん道徳的にはいかないことですし、そこから物などを取った場合には窃盗罪になりますけどね。ですから不法侵入と不動産はそのような関係があるのです。案外法律と不動産との関係性を調べてみると面白いかもしれませんよ。

おすすめ情報